百道浜ベース

楽しみを生み出す情報基地

子供と一緒に出かけよう「たけのこ掘り2017年」

スポンサーリンク

TakePandaです。
 
土日の貴重な子供達との時間。
今週は何をして楽しい時間を過ごそうか。
そんな思いの中、今週は子供を連れて「たけのこ掘り」に行ってきました。
 

f:id:TakePanda00:20170417171902j:plain

 
 

いざ!たけのこ山へ!準備するものは!?

 
相手は自然ですので、準備は怠る事なかれ。
私は以下のものを準備して山へ出かけました。
 
〜準備する物〜
・長靴
・軍手
・帽子
・長袖、長ズボン
・タオル(首に巻いて虫防止)
・クワ
・ナタ
・袋(タケノコは重いので頑丈なものがおすすめ)
・虫除けスプレー
・たけのこ掘り経験者(初めての素人だけより経験者と一緒がベスト)
 
いくら暑いからって半袖、短パンはなしです。
キチッと準備をしてこそ、良いたけのこ掘りができますので
ここは怠らずにいきましょう。
 
 
〜シーズン〜
・2月〜5月頃
※福岡県産が収穫量全国1位
 
 

いざ!たけのこ収穫!

 
山に入ること5分。
足下をよーく見ながら登ると
 
 

f:id:TakePanda00:20170417172041j:plain

あっ、あれは!
 

f:id:TakePanda00:20170417172126j:plain

周りをクワで優しくホリホリ!
 

f:id:TakePanda00:20170417172144j:plain

デカい!大物だ!
 
今年は運良くイノシシに荒らされることなく、
沢山の立派なたけのこがいっぱいありました。
 
巷では、今年は不作の年と言われているようで
多いところで昨年比▲90%の収穫。
おかげで価格も高騰しています。
 
そんな中、こんな大きなたけのこが大量に収穫できました!
家計的にもありがたや。。
 
〜実食メニュー〜
・たけのこご飯
・たけのこ入りチンジャオロース
 
 
イノシシには注意しましょう!
 
たけのこ掘りで注意したいのは、何と言っても「イノシシ」です。
万が一、遭遇した際の対処法をお伝えします。
 
ポイント
◆背中を見せて慌てて走らない!
◆攻撃しない!
◆もちろん、近づかない!
 
イノシシは非常に鼻が効くので、手元に食べ物があるなら捨ててしまい、
可能であれば木に登ることが良いとも言われています。
慌てず対応することが大事です。
 
たけのこ掘りは安全第一で!